玄米及び精米商品は、これまで「調製年月日」「精米年月日」「輸入年月日」を表示することとされていましたが、令和2年3月27日より、年月日に加えて「年月旬(上旬/中旬/下旬)」表示もできるようになりました。これにより、食品ロスの削減や物流の効率化が図られることが期待されます。 資料はこちらhttps://www.maff.go.jp/j/syouan/keikaku/soukatu/attach/pdf/200414-2.pdf