農水省は、17日令和2年産における各都道府県の主食用米、戦略作物等の作付意向について、6月末現在の状況を公表した。それによると、 令和元年産実績との比較で、増加傾向0県/前年並み傾向25県/減少傾向22県 となっている。北海道・茨城等が前年並みから減少傾向となった。https://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/s_taisaku/200717.html